7月26日 本性現れし日!

どうもアメリカ🇺🇸支部です。

気づけば支部の練習も今日を含めて4回となりました。編曲の鬼才Nさんがお友だちを2人も見学に連れてきてくださいまして、お二方はなんとヴァイオリンと篠笛のプロ奏者でした。びっくり!

そんなお二方に、慣れないリコーダーをがっつり吹かせてしまったりと、プロのゲストに何をする!と思いつつ、笑い声に満ちた楽しいひと時を過ごしました。

4回も集まっていると、メンバーたちの本性がいろいろ見えてくるものです。今日はそんな練習でした。

名古屋本部にいたころ好評をいただいた曲を前回から少しずつ持参して、支部のチームカラーとか、どんなレパートリーが合うかとか、吹きながら相談しながら少しずつ方向性を決めております。

ところが、今日の初回大会を終えたら、

「…微妙」

「…盛り上がらない」

「●● (呼び捨て) の編曲、ダメだね!」

思いのほか手厳しいコメントが飛び合いました。

この一連の流れを目の当たりにして私はようやくアメリカ支部のチームカラーというものが見えてきたのです。

ふわふわでちょっと可愛らしい、ほんわかとしたグリーンな名古屋本部に対して、このアメリカ支部は、

  • 見学者だろうがレベル関係なく容赦なくメロディパートを吹かせる
  • 人気のプロ編曲者だろうが大御所だろうが容赦なくダメ出しをする
  • しかも呼び捨てる…

まるで暗黒面に落ちた無情なリコーダー奏者の集まり。

暗黒面…

ダークサイド…

ブラック…

そう。もはや BLACK しかふさわしいカラーがなかろう。そう思ったのでした。

というわけで、アメリカ支部の正式名称は、

よつぱ BLACK

になりました!ロゴとか宣伝物の作成、楽しみで仕方ない (´∀`*)

グリーンもブラックも、進化が止まらないブロックフレーテよつばですが、改めてよろしくお願いいたします。

よつばBLACK

▲やっぱりデスメタル風な仕上がりだろうな、こりゃ

6月7日 勢ぞろいで六重奏の日

よつばUS支部長の来日に合わせて、名古屋のメンバーも全員そろっての練習会。

なんと六重奏です!

SATTTBやSSAATB、グレートバス、そしてチェロととっても豪華な編成です。

結成から5~6年?こんなに贅沢なアンサンブルができるようになったなんて…なんだか感慨深いです。

心強いメンバーの皆さんと、演奏依頼してくださる皆さまのおかげですね。

午後1時から少しずつ集まって、終わったのは20時すぎ。

古い曲を中心にほぼ初見でたくさんの曲を演奏しました。バロックからそれ以前のリコーダーらしい曲はシンプルですがとても美しいので、美しく奏でられるようになりたいです。

最後はよつばレパートリーの「仁メインテーマ」で気持ちよく終了!

日米よつば親睦会としてみんなでごはんを食べました(*^^*)

次はサンフランシスコで?!

 

6月2日 初夏の屋外コンサートの日

ひさしぶりの屋外演奏はとてもいいお天気に恵まれました。

暑いというほどでもなく、風も時折吹いて一部脱落はありましたが、幸い楽譜を追いかけて走るとか譜面台が倒れるほどの大事故はなく、なんとか無事に本番が終わりました笑

とはいえ、屋外でPAや周りの環境の影響を受ける中だとやっぱり演奏だけに集中できないので、難しさは感じました。メロディを吹いてる時に楽譜が飛びそうになると必要以上に焦ります。鍛錬が足りてません・・;

今回は作業所さん主催の地域のお祭りという初めての場所で、どんな雰囲気か分からなかったのですが、楽しんでいただけたのかなと思います。

各出演団体ごとに手の込んだネームプレートも作っていただいていました。

こういうのってお招きくださる方々の熱意が伝わって嬉しいものですね。

聴きに来てくださった皆さま、そしてご依頼いただきました矢田作業所の皆さま、ありがとうございました!

5月11日 音楽一家を拝借した日!

どうもアメリカ🇺🇸支部です。

カルテットになったばかりのよつばUSの1ヶ月ぶりの練習はメンバーRさんのおうちにて楽しくやらせていただきました。

日本のように公民会館やカラオケボックスのようなところは珍しく、練習会場がなかなか決まらなかったので、大変助かりました。

おうちに到着して、いざ上がってみたら、ピアノが2台並んでいたりギターからウクレレからと、様々な楽器が目の前に現れました。なんとお子さまも旦那さまも楽器を奏でているという、正真正銘の音楽一家です。

今回の練習メニューはよつばの定番曲をいくつかセレクトしたものに、耳コピーから編曲までできる強者メンバーNさんが三重奏から四重奏に編曲してくれた、栗コーダーカルテットさんの曲を吹きました。本当、いつも素晴らしいメンバーに恵まれて幸せです。

思ったより進捗がスムーズで、やる気も満々なので次回はさらに面白くてマニアックな曲でも大丈夫かなと思いました。

次回はまだ日程が決まってないものの、選曲からもうわくわくでございます。

本日のメニュー:

  • いつも何度でも SATB
  • 人生のメリーゴーランド SAT
  • おじいさんの11ヶ月 SATB
  • JIN -仁- Main Title SATB
  • ピタゴラスイッチ オープニング SATB
  • メロディーズオブライフ SATB

4月 練習→本番→練習だった日々

4月21日 本番前最後の練習の日

みっちり練習後は、おしゃれなカフェのようなお蕎麦屋さんで打ち合わせを兼ねたランチ。

当日のスケジュールや衣装を決めたりして、本番近い雰囲気になってまいりました。

新メンバー加入後初のカルテット本番なので、どんなふうになるのか…?わくどき。

4月26日 いよいよ本番の日

半年ほど前にお声がけいただきながら日程が合わず、今回ようやくお伺いすることができました!江南のさとうデイサービスセンターさん。

耳の肥えたお客さまにどれだけ喜んでいただけたか分かりませんが、温かい雰囲気の中、わたしたちも楽しい時間を過ごすことができました(*^^*)♪

同じカルテットでも編成自体も違うし、今までのよつばらしさに加えて新しくなった部分もあり、バージョンアップされた感じです♪

アンサンブルってそういうところが面白いですね(*^^*)

4月28日 次へ向かって始動の日

2日前に本番を終えたばかりですが、次にご依頼いただいた演奏会まで、1ヶ月と少ししかないため、早速の練習です。

早めにプログラム選定をして、あとは各自のコソ練に期待!!…せざるを得ない状況(๑•﹏•๑*)

ちょっとは成長したかな?と思ったけど、ひさしぶりに取り組む難曲はやはり難しかったのでした(TT)

4月6日 四人が揃った雨の日

どうもアメリカ🇺🇸支部です。

よつばUSの2回目の練習はさっそく4人+αが揃いました。ありがたい限りです。

新メンバーはやる気満々でパワフルなお二方。きっちり事前練習をして来られたIさん、リコーダーは小学生のソプラノ以来とはとても思えないRさん、そして小さなパーカッションを担当してもらった、Iさんのお子さんの二人。計6人でとてもにぎやかな2時間となりました。

レパートリーはかつて名古屋で吹いていた懐かしい曲のいくつかと、メンバーNさんがアレンジしてくださった、栗コーダーカルテットさんの曲。何年も前から吹きたかったので最高に嬉しかったです。

このメンバーでどんな音が仕上がるのは実に楽しみです。

▲Nさんが所属しているバンド、Dr. Washingtonさんのアルバムも購入しました。これも楽しみだ(´∀`)

本日のメニュー:

  • おじいさんの11ヶ月 SAT
  • おお、ブルネリ SAT
  • カントリーロード SATB

3月21日 春まだ遠し春分の日練習

季節が逆戻りして冷たい雨が降る中、来月の本番に向けた練習でした。

リコーダーだけじゃなく弦楽器も加わって、途端にゴージャスなアンサンブルの出来上がり。


ヴィオラ・ダ・ガンバ…ではありませんが、見た目はなんだかバロックな感じになりました♪
といっても本日の練習曲は断然昭和な感じです笑

弦が入ると音の幅が広がって盛り上がるし、リコーダーもとても吹きやすくなります。
本日初演のアレンジ曲を演奏したり、プログラムを練ったりしていると今日も3時間半があっという間でした。

新しい方に加わっていただき、よつばの色がまた少しカラフルになった気がします。これこそメンバーの個性が出るアンサンブルの面白さですね(*^^*)

早くもカルテットを結成しそうな勢いのUS支部に負けてはいられません(๑•̀ •́)و✧

3月10日 リコーダーと仲間たちの日!

どうもアメリカ支部です。

昨日はサンノゼで Flauti Dolci & Amici (リコーダーと仲間たち) という舞台で一曲を吹かせていただきました。

「すごくいい音だったよ!」

「よっ!テナー仲間!ロングトーンうまいね!」

「いい選曲だったわ」

「ネクタイ!気に入った!」

緊張しまくりの北米デビューはあっという間に終わり、奏者の方々からお客様から、ベテランの方々に暖かい言葉をたくさんいただきました。ありがたい限りです。

先生をはじめ、伴奏してくださったSDQの皆さんに感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。こんなんでよければまた一緒に吹かせてください。

来年はよつばを連れて来てもいいですかと尋ねたところ快くOKをいただきました。よつばのみんな、来年のこのころ、予定を空けといてね。

主催の方は録画と録音をされていたのでいただいたらアップします。

3月2日 よつばUS発足の日!

どうもサンフランシスコ支部です。

本日は記念すべき「よつばUS🇺🇸」の発足の日となりました。日本ではバンドをやっていて、旦那様の転勤でアメリカにいらっしゃったTさんがよつばの一員になってくれました!

さすがはバンドレディだけあって、「リコーダーの合奏は20年ぶりで楽譜を見て演奏するのもかなり久しぶり」と言っていましたが、音楽の理解力が高く、とてもびっくりしました。

ソプラノとアルトのジブリ曲中心の音遊びはもちろん、曲の合間の雑談も大変楽しく、2時間はあっという間に過ぎました。

サンフランシスコからは少々離れているが、マウンテンビューという街で定期的に練習できそうな場所も見つかったので名古屋本部と同様、月一でゆる〜くやっていこうと思います。

本部の皆さんも巻き込んだ全米デビューという夢の実現にまた一歩近づいた気がします。

本日のメニュー:

  • 崖の上のポニョ SA
  • あまちゃん オープニングテーマ SA
  • ピタゴラスイッチ オープニングテーマ SS
  • 人生のメリーゴーランド SS
  • 東京ブギウギ SA
  • いつも何度でも SS
  • いつか帰るところ SA

▲二重奏からスタートするよつばUS。名古屋本部を立ち上げたときを思い出す。カルテットになるまでひとりずつ増員していきまっせ!

▲楽譜の軽量化も実験。

2月17日 グレートバス投入!の日

なんと新しいメンバーがグレートバスを購入!(*・・*)!
これでSATB+GBというとっても贅沢な編成も可能です(*^^*)♪

本番に向けての選曲と初見大会で3時間半ひたすら吹き続けました。いったい何曲あったのか?…もはや数える気にもならないくらいたくさんの曲でした笑

終わってからはランチを食べながら、本番のプログラムと当面練習していきたいバロック曲やレパートリー曲を厳選。
膨大になってしまっていた楽譜をこの機会に整理でき一石二鳥です。

次の本番は新メンバー提供の新曲も加わり、楽しいプログラムになりそうです♪