4月20日 うれしい偶然の日!

どうもサンフランシスコ支部です。
名古屋にいたころからずっと気になっていた、西海岸唯一?のリコーダー屋、Lazar’s Early Music(ラザール古楽店)がまさかの職場から徒歩7分という嬉しい偶然。しかもここがあの超ポジティブなGreta先生の職場でもありました。

お店の外観

▲営業しているかどうかすらわからないミニマルな外観。電話してみたらちゃんと営業中でした。ヨカッター

店内の風景

▲一歩入ったらまさに古楽のキャンディストアでした♪

すばらしいリコーダーいろいろ

▲テナーが欲しくて調子にのって、「一番いいのを頼む」と言ったら現れたのがキュング製のテナーでした。店主のビル・ラザールさんが「僕もGretaもこれを使っている」というので間違いないでしょうね。続いてアルトについても色々質問したら、キュング新製品のK-4アルト、リコーダー職人E.K Elhert手製のステインズビー・アルト、そしてメック製のボイスフルートまで快く見せてくれました。

キュングのコントラバス

▲店主はとても気さくなお方で、あの幻のキュングコントラバスも見せてくれました。

吹き出したら欲しくなるからと我慢しようとするもやっぱり失敗。
全部吹かせていただいました……
……と、とりあえず貯金します!

4月7日 さくらさく練習の日

ようやく桜が満開になり名古屋にも春がやってきました。
そしてこの日はまたおもむろに新曲が投入されました♪
「スラブ舞曲」10番はとってもいい曲。
ドヴォルザークさん、あなたの曲は美しくて好きだけど…inCの楽譜でも臨時記号多いのね…
はい、練習します。

そしてサンフランシスコ支部から届いた「優しい森よ」はみんなお気に入りですぐにレパートリーに加えること決定。さすが元リーダー、メンバーの好みをわかってます(^^)v

頭をフル回転させた新曲のあとはみんなで大好きな「仁 メインテーマ」と「荒城の月」を吹き、和な気分でうっとり。笑←演奏はともかく、この2曲は編曲が素晴らしいのですー!