5月28日 選曲してみた練習日

ボランティア登録完了したこともあり、具体的に本番を想定してプログラムを組んでみました。

今のメンバーでどれくらいの演奏会ができるか不安でしたが…あれ、、思ったよりもなかなかいい感じ?
30〜40分くらいは大丈夫そうです。
今回候補曲を出すために過去の楽譜もひっくり返してみて、最初の頃に無理と思ってあきらめた曲が意外にもできるようになっていることにびっくり!
歩き続ければ少しずつでも前に進むものなんだなと、当たり前のことに気づいたのでした。

よつばひさしぶりの本番に向けて準備は着々です♪

5月28日 個人レッスン再開の日!

Das-Tägliche-Pensum

どうもサンフランシスコ支部です。
うん年間眠らせていた個人レッスンはGreta先生と共に再開しました。

名古屋でいう市民会館はここでは教会に当たる。考えてみれば「市民が集會する館」って教会しかないもんな。なるほど。朝の礼拝が終わったところで2階のパイプオーガンの真横でレッスンを開始しました。

何回か大人数で指導を受けたことはあるが個人は名古屋の教室をのぞけば初めてなので、名古屋の教室で吹いていた曲とかよつばのレパートリーを見せたら、「じゃあ古楽中心だね!」と方針があっさりと決まりました。

ひとりより合奏の方がタメになるということで、とりあえずかつて吹いていたフランスものの二重奏集からスタートしました。元々ソプラノ2本のはずが「あたしアルトで下の線を吹くから」と軽々と転調しました。プロはすごいわ。

超ポジティブな指導ゆえに「この時代のこんな作品ならこんな吹き方やあんな解釈の仕方もあるよ!一通りやってみて好きな方法で吹いてちょうだい!」という指導を受けて、終始わくわくしっぱなしのわけです。

練習のメニューも考えてくれました。忘れる前にメモしておきます。

  • ロングトーンで心身を落ち着かせながら笛を暖める。ポイントは体と笛を音で充満させること。
  • 技術の練習。練習譜を使って1つだけ練習したいことを決めてそれだけ意識して練習する。
    今日気づいたポイント:指は速く吹くためになるべく軽く重ねて、力を抜くこと。和太鼓と同じだ。
  • レパートリーの練習。さきほど決めた重点を意識して練習。
  • 何でもいいから好きなのを吹く。必ず楽しいことで練習を終えること。
  • ちなみに練習用の楽譜はたった1枚。「これで数ヶ月間、数年間は持つから」だとか。
    相当の技量がないとこんな教え方はできないはず。今後めっちゃ楽しみだ。

    本日のメニュー:

    • Das Tägliche Pensum「毎日の練習」by Hans Ulrich Staeps (A)
    • Six Gallant Duos「6つのロココ様式による二重奏」by E.PH. Chédeville (SA)

5月26日 テナーリコーダー降臨の日!

テナーとフランスとアプリコット

どうもサンフランシスコ支部です。
先日古楽店でキュングのテナーをお願いして待つこと1ヶ月ちょっと…

昨日やっと届きました!

同じメーカーのバスと同じように、息を吹き込んだ瞬間に音色と音量にびっくりして、これしかない!と決めた次第です。

おまけにGreta先生がお店へ行く前の日に新品のテナーをご丁寧にオイリングまでして待ってくださって、今まで一度もやったことのないのでご親切に教えていただきました。き、恐縮です!

別のお客様の対応を待っててくれたお礼として、採りたてのアプリコットをさらにいただきました。すっきりした控えめの甘さでとても美味でした。

ちなみに木はバスと同じ、サクラでできているので「さくら弐号」と名付けます。

ということで慣らしに入ります!かつて教室で吹いていたフランスものでこの子を歌わせてみます。わくわく

4月30日 待望の見学者さん登場の日!

今回の練習にバスが吹ける見学者さんが来てくださいました(*^^*)
見学者さんとはサンフランシスコ経由の不思議なご縁で、実は1年前からあるアマオケで一緒に演奏している方なのです。(お互いそこでは違う楽器ですが。笑)
世界は狭いです!

今は本番が決まってない時期なので、やりたい曲を持ち寄ってひたすら吹く初見大会。
見学者さんがとても吹ける方だったので、調子に乗ってよつばのレパートリーまで持ち出して早速入っていただきました。

ひさしぶりのSATBカルテットでバスの音色を聴きながらの演奏にはちょっぴり感動。

とても楽しかったです!
見学者さんありがとうございました(๑ˇ ˇ๑)•*¨*•.¸¸♪