10月22日 テレマンとフィンガーさんの日!

どうもサンフランシスコ支部です。

先月はお互いの予定が合わず、本日は約2ヶ月ぶりのGreta先生とのレッスンでした。基礎練習集はついに2ページ目に進める許可をいただいたり、来年3月に何か発表してみないかと誘っていただいたり、新曲をやらせていただいたりと、新しい刺激がたっぷりの90分になりました。

2ページ目の基礎はヘ長調での「次第に短くなるスケール」の反復練習ですが、ポイントはスムーズにスムーズに吹くことらしい。何も考えずに吹けると思ったら、課題点が3つも見つかりました。息・指・舌を別々に分けて意識して吹くのがまだまだすごく難しい。まあそのための基礎練習ですよね…うんうん。

  • 低音になると息の勢いも弱くなってしまう。勢いは変えずにまっすぐ吹く
  • 息をキレイに統一されて指と舌だけで表現をつけていく。そうすれば演奏がよりスムーズになる
  • スケールでも音のかたまりを意識して吹く

来年3月の発表は前回から吹きはじめたG. FingerさんのA Groundに決定。伴奏は本来ピアノのはずが、吹いている最中に先生が「伴奏はピアノよりもコントラバスにグレートバスにバスにしよう!」という超贅沢なことになってしまいました。ど、どうしよ…

そして新曲!何かなと思ったらあのテレマンのSonata 6ではありませんか!とりあえず第1楽章のAffettuosoを初見で挑戦してみて、「サイトリーディングうまいね!」と褒められた。間違いなくお世辞ですねはい。

ちょっとお久しぶりのGreta先生は相変わらず褒め上手で、なんだかホッとしました。


▲いつもの練習場は近くの教会のオーガンロフト。なかなかいい響きなんです(´∀`)

本日のメニュー:

  • Das Tägliche Pensum (3) Verkürzte Reihen by H.U Staeps
  • A Ground by G. Finger
  • Sonata no.6 in G-dur, opus 2 by G.P. Telemann

10月21日 新レパートリー追加したい練習日

訪問演奏でやりたくて「青い山脈」の楽譜を探していたのですが、リコーダーアンサンブル譜がなく結局クラリネット四重奏版をアレンジして使うことにしました。
1番楽に吹けるように、移調するかしないか、音域的にどの編成がしっくりくるか、などなどみんなで検討した結果、SSABでやってみることになりました(*^^*)
こうしてみんなで意見を出し合ってよりよい方法を考えるのも楽しいです♪

今日の練習曲はだいたい以下のとおりです。

・マタイ受難曲よりコラール(バッハ)
・流れよ我が涙
・Super Flumina
・鳥の歌
・ケンタッキーの我が家
・仁メインテーマ
・青い山脈
・small sky(武満徹)
・Air(バッハ)
・スラブ舞曲10番(ドヴォルザーク)