2月17日 グレートバス投入!の日

なんと新しいメンバーがグレートバスを購入!(*・・*)!
これでSATB+GBというとっても贅沢な編成も可能です(*^^*)♪

本番に向けての選曲と初見大会で3時間半ひたすら吹き続けました。いったい何曲あったのか?…もはや数える気にもならないくらいたくさんの曲でした笑

終わってからはランチを食べながら、本番のプログラムと当面練習していきたいバロック曲やレパートリー曲を厳選。
膨大になってしまっていた楽譜をこの機会に整理でき一石二鳥です。

次の本番は新メンバー提供の新曲も加わり、楽しいプログラムになりそうです♪

2月5日 贅沢な伴奏の日

どうもサンフランシスコ支部です。

3月10日にサンノゼでのはじめての発表会の詳細が決まりまして、昨夜はその音合わせに行ってまいりました。

原譜てば鍵盤が伴奏になっていたのがバス、グレートバスとコントラバスでという重厚なものに先生がしていただきました。しかもこんな私の拙いメロディに付き合わされるのは先生のカルテットのメンバーだったという。これ以上の贅沢がありません。

2回吹きましたが、1回目は緊張のあまりミスしまくり、2回目は音量が小さすぎて伴奏の音量に負けてしまいました。

本番では大のリコーダーが3本もいるので主役らしく堂々と吹きなさい。メンバーの助言をいただいた次第です。き、恐縮のかぎりです。

ここはやっぱりプロとアマの境界線がものすごくあいまい。好きだからやっていてそれがたまたま生業になっている、ということでしょうか。そういう考え方もキライじゃないです。

本日のメニュー:

  • A Ground by G. Finger