6月7日 勢ぞろいで六重奏の日

よつばUS支部長の来日に合わせて、名古屋のメンバーも全員そろっての練習会。

なんと六重奏です!

SATTTBやSSAATB、グレートバス、そしてチェロととっても豪華な編成です。

結成から5~6年?こんなに贅沢なアンサンブルができるようになったなんて…なんだか感慨深いです。

心強いメンバーの皆さんと、演奏依頼してくださる皆さまのおかげですね。

午後1時から少しずつ集まって、終わったのは20時すぎ。

古い曲を中心にほぼ初見でたくさんの曲を演奏しました。バロックからそれ以前のリコーダーらしい曲はシンプルですがとても美しいので、美しく奏でられるようになりたいです。

最後はよつばレパートリーの「仁メインテーマ」で気持ちよく終了!

日米よつば親睦会としてみんなでごはんを食べました(*^^*)

次はサンフランシスコで?!

 

6月2日 初夏の屋外コンサートの日

ひさしぶりの屋外演奏はとてもいいお天気に恵まれました。

暑いというほどでもなく、風も時折吹いて一部脱落はありましたが、幸い楽譜を追いかけて走るとか譜面台が倒れるほどの大事故はなく、なんとか無事に本番が終わりました笑

とはいえ、屋外でPAや周りの環境の影響を受ける中だとやっぱり演奏だけに集中できないので、難しさは感じました。メロディを吹いてる時に楽譜が飛びそうになると必要以上に焦ります。鍛錬が足りてません・・;

今回は作業所さん主催の地域のお祭りという初めての場所で、どんな雰囲気か分からなかったのですが、楽しんでいただけたのかなと思います。

各出演団体ごとに手の込んだネームプレートも作っていただいていました。

こういうのってお招きくださる方々の熱意が伝わって嬉しいものですね。

聴きに来てくださった皆さま、そしてご依頼いただきました矢田作業所の皆さま、ありがとうございました!

4月 練習→本番→練習だった日々

4月21日 本番前最後の練習の日

みっちり練習後は、おしゃれなカフェのようなお蕎麦屋さんで打ち合わせを兼ねたランチ。

当日のスケジュールや衣装を決めたりして、本番近い雰囲気になってまいりました。

新メンバー加入後初のカルテット本番なので、どんなふうになるのか…?わくどき。

4月26日 いよいよ本番の日

半年ほど前にお声がけいただきながら日程が合わず、今回ようやくお伺いすることができました!江南のさとうデイサービスセンターさん。

耳の肥えたお客さまにどれだけ喜んでいただけたか分かりませんが、温かい雰囲気の中、わたしたちも楽しい時間を過ごすことができました(*^^*)♪

同じカルテットでも編成自体も違うし、今までのよつばらしさに加えて新しくなった部分もあり、バージョンアップされた感じです♪

アンサンブルってそういうところが面白いですね(*^^*)

4月28日 次へ向かって始動の日

2日前に本番を終えたばかりですが、次にご依頼いただいた演奏会まで、1ヶ月と少ししかないため、早速の練習です。

早めにプログラム選定をして、あとは各自のコソ練に期待!!…せざるを得ない状況(๑•﹏•๑*)

ちょっとは成長したかな?と思ったけど、ひさしぶりに取り組む難曲はやはり難しかったのでした(TT)

3月21日 春まだ遠し春分の日練習

季節が逆戻りして冷たい雨が降る中、来月の本番に向けた練習でした。

リコーダーだけじゃなく弦楽器も加わって、途端にゴージャスなアンサンブルの出来上がり。


ヴィオラ・ダ・ガンバ…ではありませんが、見た目はなんだかバロックな感じになりました♪
といっても本日の練習曲は断然昭和な感じです笑

弦が入ると音の幅が広がって盛り上がるし、リコーダーもとても吹きやすくなります。
本日初演のアレンジ曲を演奏したり、プログラムを練ったりしていると今日も3時間半があっという間でした。

新しい方に加わっていただき、よつばの色がまた少しカラフルになった気がします。これこそメンバーの個性が出るアンサンブルの面白さですね(*^^*)

早くもカルテットを結成しそうな勢いのUS支部に負けてはいられません(๑•̀ •́)و✧

2月17日 グレートバス投入!の日

なんと新しいメンバーがグレートバスを購入!(*・・*)!
これでSATB+GBというとっても贅沢な編成も可能です(*^^*)♪

本番に向けての選曲と初見大会で3時間半ひたすら吹き続けました。いったい何曲あったのか?…もはや数える気にもならないくらいたくさんの曲でした笑

終わってからはランチを食べながら、本番のプログラムと当面練習していきたいバロック曲やレパートリー曲を厳選。
膨大になってしまっていた楽譜をこの機会に整理でき一石二鳥です。

次の本番は新メンバー提供の新曲も加わり、楽しいプログラムになりそうです♪

12月15日 ひさびさ夜練の日

ひさしぶりのよつば夜練は短歌会館。
この日の目標は「青い山脈の録音」でした。

直前まで練習に参加できないメンバーのために、3人で演奏した録音を送るのですが、なにしろなかなかに難しいので前回はとても録音できるレベルにたどり着けず^^;

今日は通るには通るようになりましたが、調号落としたり指がまわらなかったり…慣れてきたところで転調するのが意地悪な編曲です。

…まだ直前の集中練習もあるし、これからです!

練習終わってから栄に移動して晩ごはん。
イルミネーションが綺麗でした✧

(写真ではあまり綺麗に撮れませんでしたが^^;)

11月18日 演奏会に向けて始動の日

1月の本番に向けての練習開始の日でした。

新曲少なめにしたつもりですが、レパートリーの中でもまあまあの大曲ばかりなので思った以上に気が抜けないプログラムになりました^^;

カルテットのレパートリー曲を吹いてると1年前の猛練習の記憶がよみがえります…
今から思えば昨年冬のコンサートは正気と思えないくらいハードなプログラムでした笑

 

今回の訪問演奏では4人揃うのは直前だけになるので、楽譜はデータで送り、3人での演奏を録音してLINEで共有しました。
意外とサンフランシスコとの距離を感じません。便利な世の中になったものです。

録音は聴くといろいろ気になりますね^^;
まだ練習はこれからなので完成度を上げるべく頑張ります(๑•̀ •́)و✧

10月21日 新レパートリー追加したい練習日

訪問演奏でやりたくて「青い山脈」の楽譜を探していたのですが、リコーダーアンサンブル譜がなく結局クラリネット四重奏版をアレンジして使うことにしました。
1番楽に吹けるように、移調するかしないか、音域的にどの編成がしっくりくるか、などなどみんなで検討した結果、SSABでやってみることになりました(*^^*)
こうしてみんなで意見を出し合ってよりよい方法を考えるのも楽しいです♪

今日の練習曲はだいたい以下のとおりです。

・マタイ受難曲よりコラール(バッハ)
・流れよ我が涙
・Super Flumina
・鳥の歌
・ケンタッキーの我が家
・仁メインテーマ
・青い山脈
・small sky(武満徹)
・Air(バッハ)
・スラブ舞曲10番(ドヴォルザーク)

9月16日 動けば雷電の如し練習日

朝の9時から12時半まで、レトロな雰囲気の短歌会館でひたすら練習をしていました。アンサンブルだと3時間はあっという間ですね。
拍数が多すぎて混乱する古い曲たちも、だんだん周りの音を聴く余裕ができ、曲のよさがわかってきた気がします。

午後からはカフェで今後の活動のためのミーティング。
リサーチの鬼と行動力の塊のようなメンバーたちのおかげで、この先の予定がサクサク決まりとてもいい感じ(*^^*)

ステージも用意できたし、リーダーのひとときの帰還が待ち遠しいです!

8月19日 音符増量中な練習日

ひさしぶりの4人での練習でした。
前半は現在の挑戦曲、ドヴォルザークのスラブ舞曲10番などなど。スラブ舞曲は相変わらず臨時記号の嵐に苦戦していますが、小さな明かりが見えてきたような気がします。ただし続けて練習しないと忘れそうです^^;

後半はバッハのマタイ受難曲のコラールや、ヘンデルの「わたしを泣かせてください」など古い曲を。
毎回のように新曲に取り組むチャレンジャーなよつばです。
古い曲は1小節に四分音符が12こだったり、突然なんの表記もなく音符が増減するという見慣れなさに苦戦しております。
でもメロディはとても美しく、こうしてレパートリー(にしたい曲)がどんどん増えてゆくのでした。
4人での練習も月に一度できているので、少しずつ息が合ってきたかなと思います(*^^*)